気になるキャバクラや風俗のコロナ対策を調査

お客さんが安心できるように

具体的に内容をチェック

体内にウイルスが侵入しないよう、手洗いうがいが非常に重要です。 ほとんどの風俗店ではキャストだけでなく、ボーイやマネージャーも同じように感染対策を行っているので安心して利用できます。 サイトを見ると、そのお店で行っている感染対策がわかるので目を通しましょう。

飛沫を相手に飛ばさないように

喋ったり咳をしたりする時に、飛沫が飛びます。 飛沫の中にウイルスが含まれており、飛沫を浴びた人がコロナに感染してしまいます。 ですから風俗店では飛沫が相手に掛からないよう、マスクの着用を義務付けています。 マスクをしていない人は入店できないので、必ず着用していきましょう。

手洗いうがいをすること

まず当たり前ですが、お店で働く人全てが手洗いうがいを念入りに行っています。
さらにお店に入店する前に、キャストもお客さんも体温を確認します。
その段階で体温が高かったキャストは働くことができませんし、お客さんも残念ですが入店できません。
そのようにキャバクラなどの風俗店では、コロナ対策を十分に行っています。
コロナ渦でも、キャバクラに癒されに行きたい人が多いでしょう。
それなら、コロナ対策を十分に行っているという部分に注目してお店を探しましょう。

さらにキャストもお客さんも、マスクを着用するよう義務付けています。
そしてテーブルにアクリル板を設置しているキャバクラが多く、飛沫が相手にかからないよう工夫されています。
マスクやアクリル板があると、キャストの顔が見えないので不満を抱くかもしれません。
しかし感染対策として必要なものなので、そのスタイルに慣れてください。
またテーブルなど、人が触るものをこまめに消毒することも感染対策に繋がります。

店内を人数制限しているお店も多く、お客さんがたくさんいる場合は入れません。
事前に今は空いているのか、混雑状況をキャバクラのサイトを見て確認しましょう。
また、オンラインでキャバクラを営業するお店が増えています。
オンラインだったら感染するリスクが少なく、安全にキャストもお客さんも一緒にいる時間を楽しめます。
お客さん側も、自宅でのんびりとキャバクラの雰囲気を味わえる面がメリットです。

入店できるのか確認しよう

店内が混雑しないよう、入場制限を決めているお店が多いです。 お店に行く前に、現在の混雑状況を確認してください。 またオンラインでキャバクラを経営するお店も登場しており、お店に行くよりも安全性が高いと言われています。 コロナにならないよう、そのようなキャバクラを活用しましょう。

TOPへ戻る