お客さんが安心できるように

飛沫を相手に飛ばさないように

必ずマスクを着用すること

お店で働くキャストやマネージャーも、お客さんもマスクをしなければいけません。
それが、相手に飛沫を飛ばさないための感染対策になります。
マスクをしていない状態でお店を訪れても、入店できないので注意してください。
もしマスクを持って行くのを忘れた場合は、急いで近くのコンビニなどで調達しましょう。

またマスクは、使い捨てにすることが大事です。
ですから風俗店では、こまめにマスクを捨てて新しいものに交換するよう指導しています。
店内でも、マスクを着用し続けなければいけません。
マスクがあると相手の顔が見えないからと、キャストにマスクを外す行為を強要しないでください。
そのような迷惑行為をすると、出入り禁止になってしまいます。

さらに飛沫を防止する

風俗店の多くは、テーブルにアクリル板を設置しています。
アクリル板を挟んで、キャストが接客するスタイルになると覚えてください。
すると、より飛沫が相手にかかるリスクを削減できます。
また、こまめな消毒を行っているお店も多いです。
様々な人が触るテーブルやイス、ドアノブなどにはウイルスが付着しているかもしれません。

しかし消毒すればウイルスを死滅させられるので、感染することはありません。
それも、コロナの感染対策に繋がります。
またお客さんがキャストに触れる行為は、当たり前ですがどこのお店でも禁止されているので必ず守りましょう。
コロナに感染しないために、なるべくキャストに接触しないようキャバクラの雰囲気を楽しんでください。


TOPへ戻る